アートギャラリーArt Gallery

須惠朋子展「碧の彼方へ」

2019年10月15日(火)~2020年1月25日(土)

須惠朋子は、さいたま市在住の画家で、沖縄・久高島の空や海をモチーフに、独自のマチエール、鮮やかな色彩の絵画を描いて、近年高い評価を受けています。白い漆喰の壁面に彼女の碧い絵はよく映えると考え、第1回企画を依頼しました。塗り重ねた絵具の奥には、彼女が積み重ねてきた豊かな時間がひそんでいます。

 

作家インタビュー、展覧会記録は、季刊誌『NANAWATA NOTE 01』WEB版でご覧いただけます。
NANAWATA NOTE-01

須惠朋子 プロフィール

1975年東京都生まれ。
女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻(日本画)修了。創画会会友。
国内外で個展、グループ展多数。女子美術大学美術資料館収蔵作品賞、美術新人賞デビュー2016準グランプリ受賞。
女子美術大学美術館、現代美術資料センターに作品収蔵。

須惠朋子website

関連イベント

11月10日(日)午後4時~

トーク「女性作家という生き方」

  • ゲスト
    小勝 禮子(美術評論家)
  • 料金
    ワンドリンク茶菓付き1000円
    定員
    40名 ※終了しました
小勝禮子 プロフィール

1955年埼玉県生まれ。専門は近現代美術史、ジェンダー論。
1984年より2016年まで栃木県立美術館学芸員として、「奔る女たち 女性画家の戦前・戦後」展(2001)、「アジアをつなぐ―境界を生きる女たち1984-2012」展(2012-13年)などの企画を手がける。
共著に、香川檀・小勝禮子『記憶の網目をたぐる―アートとジェンダーをめぐる対話』(彩樹社、2007年)、北原恵編『アジアの女性身体はいかに描かれたか』(青弓社、2013年)など。

 

  

(撮影:高田真由子)

 

トークの抄録はこちらでお読みいただけます。

1月18日(土)午後4時~

縄文笛コンサート&作家トーク

  • ゲスト
    縄文笛 毅(縄文笛奏者)
  • 料金
    ワンドリンク茶菓付き 2500円
    定員
    40名 ※終了しました
縄文笛毅 プロフィール

1967年福岡県生まれ。視力障害のため小・中と盲学校に通い、10歳よりリコ-ダー、15歳よりフル-トを学ぶ。
昭和音楽大学にてフル-トを故・吉田雅夫氏に師事。
1988年にインドを旅し、病に倒れ視力をほとんど失う。
療養中、土笛と偶然出会い、製作を始める。
1989年春、新宿の路上にて演奏活動開始。自作の土笛に「縄文笛」と名付け、コンサ-トを行う。

 

  

交通アクセス

NANAWATA への地図

〒350-0056 埼玉県川越市松江町2-4-4
TEL:049-237-7707 FAX:049-237-7708

メール:info@nanawata.com

西武新宿線本川越駅より徒歩10分
JR・東武東上線川越駅、東武東上線川越市駅より徒歩20分

川越駅東口7番乗場より東武バス06系統「松江町二丁目」徒歩1分

駐車場:無し(近隣にコインパーキングあり)

Google Map