アートギャラリーArt Gallery

加茂昂 惑星としての土/復興としての土

2023年2月4日(土)~4月22日(土)

以前から福島、特に最近は除染をされた土地や土について関心がありました。そんな折に福島で除染後の田んぼで米作りをされている方にお話を聞く機会があり、米作りにとって除染がどれほど致命的かという事を聞きました。一説によると自然界の土は1cm堆積するのに100年かかると言われています。ということは、除染により田んぼをの表面を10cm削ると、その土地の1000年分の土の歴史を削るということに等しいと考えられます。こういった土地をどのように描くべきかを考えているうちに思いついたのが、私も土を作るところから自分の絵画を始めてみようということでした。土や土地が内在する途方もない時間を感じるため、まずは原料の土から作る、そしてそれは、自分自身の生活の中から生み出そう、というところが今回のスタートでした。土を作るという思いつきには、コロナ禍で始めた家庭菜園も大きく影響しています。畑を考えるということはまずは土を考えるということでした。土という現象が含む無数の死と無数の生のダイナミックさ、土の事を知れば知るほど土自体が生命体なのだと感じました。そして、実際に自分のウンコをコンポストトイレで分解し、約半年かけて堆肥(土)を作りました。コンポストの中の目に見えない世界で行われる分解や生成の過程は不思議に満ちていました。今回はそういった生活の中から出来た堆肥(土)を細かく砕き乾かして顔料にし油絵の具を作り、それを用いて福島の除染された土地を描きました。自身の営みの中からから生みだした土でその削られた土地を覆うように絵にしていくことが、この惑星(生命体)としての、『土』という存在の意義に即した復興、という在り方を表せるのではないか?と考え制作しました。


惑星としての土/復興としての土1(部分) 2023

加茂 昂 プロフィール

1982年東京都出身。2008年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、2010年同大学院絵画研究科修了。主な個展に2019年「境界線を吹き抜ける風」(LOKO gallery、東京)、2018年「追体験の光景」(原爆の図丸木美術館、埼玉)、2017年「その光景の肖像」(つなぎ美術館、熊本)、2012年「【絵画】と【生き延びる】」(island MEDIUM、東京)。主なグループ展に2021年「3.11とアーティスト 10年目の想像」(水戸芸術館、茨城)、2021年「もやい展」(タワーホール船堀、東京)、2019年「あざみ野コンテンポラリーvol.10しかくのなかのリアリティー」(横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川)、2019年「星座を想像するように—過去、現在、未来」(東京都美術館)、2015年「航行と軌跡」(国際芸術センター青森、青森)、2015年「VOCA展2015」(上野の森美術館、東京)、2013年「醤油倉庫レジデンスプロジェクト春会期」(瀬戸内国際芸術祭2013、香川)、2009年「別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界 わくわく混浴アパートメント」(清島アパート、大分)。

関連イベント

2023年2月26日(日)午後2時(開場午後1時)

トークイベント「Fundamental Dialogue」

  • ゲスト
    奥脇 嵩大(青森県立美術館学芸員)
  • 料金
    1500円(エクレア、飲みもの付)
    定員
    30名(事前申込)
奥脇嵩大 プロフィール

1986年さいたま市生まれ。2014年から現職。農業や民俗学、考古学など他分野との交流から芸術の可能性を広げ、ミュージアムに形と命の相互扶助の場を求める活動を行う。青森での主な企画に「青森EARTH2016:根と路」、「アグロス・アートプロジェクト2017-18:明日の収穫」「青森EARTH2019:いのち耕す場所 -農業がひらくアートの未来」「美術館堆肥化計画」(2021~)など。

交通アクセス

NANAWATA への地図

〒350-0056 埼玉県川越市松江町2-4-4
TEL:049-237-7707 FAX:049-237-7708

メール:info@nanawata.com

西武新宿線本川越駅より徒歩10分
JR・東武東上線川越駅、東武東上線川越市駅より徒歩20分

東武バス06系統(川越駅東口発、本川越駅経由)「松江町二丁目」徒歩1分
東武バス01系統(川越駅東口発、本川越駅経由)「仲町」徒歩4分

駐車場:提携駐車場(らくだプラザ)あり

Google Map