アートギャラリーArt Gallery

山口真和 隣り合う景色

2022年2月5日(土)~4月24日(日)

図像を面よりも線や細かい筆致を重ねて描くことが多く、
その手応えが重要な意味を持つように感じている。
それは、ふだん一瞬で過ぎ去ってしまう「見る」ということを
身体的な(遅い)行為で引き伸ばす術かもしれない。

 


 

季刊誌『NANAWATA NOTE 09』に掲載した作家インタヴューは、こちらからご覧いただけます。

山口真和 プロフィール

画家・美術家。1987年東京都生まれ。2013年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了後、ドイツ学術交流会奨学金を受賞しドイツへ渡る。2017年シュトゥットガルト造形芸術大学を修了後帰国。現在は東京で制作、国内外で発表を続ける。

最近の展示に 「 The Shark」ドイツ文化会館(2021)、「 昇華のモルフォロジー」 Komagome 1-14 cas(2019)、「 パン屋と絵 #10」 ドイツパンの店タンネ(2019)、「 踏青 Auf die neue Boden」 ZAPbeijin 北京(2018)など。

 

山口真和 WEBSITE

関連イベント

2022年3月21日(月/祝)午後2時(開場午後1時)

トーク「見るを歩く」

  • ゲスト
    佐原しおり(埼玉県立近代美術館学芸員)
  • 料金
    1500円(エクレア、飲みもの付)
    定員
    25名=終了しました
佐原しおり プロフィール

埼玉県立近代美術館学芸員。2016年より群馬県立館林美術館学芸員、2019年より現職。主な企画は「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画 1920s−1950s」(2018年、群馬県立館林美術館)、「アーティスト・プロジェクト #2.04 トモトシ 有酸素ナンパ」(2019−2020年、埼玉県立近代美術館)。

 

 

 

山口さんと佐原さんのトークの抄録は、こちらからご覧いただけます。
220321yamaguchi-sahara

 


 

2022年4月5日『東京新聞』埼玉版 関連記事掲載
育児中のアーティストをどう支援する? 2歳児の母の画家・山口真和さんと学芸員が考えた

交通アクセス

NANAWATA への地図

〒350-0056 埼玉県川越市松江町2-4-4
TEL:049-237-7707 FAX:049-237-7708

メール:info@nanawata.com

西武新宿線本川越駅より徒歩10分
JR・東武東上線川越駅、東武東上線川越市駅より徒歩20分

東武バス06系統(川越駅東口発、本川越駅経由)「松江町二丁目」徒歩1分
東武バス01系統(川越駅東口発、本川越駅経由)「仲町」徒歩4分

駐車場:提携駐車場(らくだプラザ)あり

Google Map